毎日の生活をより快適にするための、知っておくと便利なスマホやガジェット関連の豆知識について、綴っています。

とある主婦の気ままブログ

iPhone豆知識

新しいiPhoneに乗り換えた時に必須なデータ移行の方法とは?

更新日:

新しいiPhoneが登場すると、旧モデルから新モデルへ乗り換えする人が増えてきます。

その時に気になるのが、旧機種から新機種へのデータ移行の方法でしょう。iPhoneではデータ移行が比較的簡単にでき、その方法も3つ用意されています。

今回はその3つの方法の概略を紹介し、どのような人がどういった方法で移行するのがベストなのかについて紹介していきます。

iPhoneを隣に置くだけで移行できるクイックスタート

iPhoneを旧機種から新機種へ移行させる一番簡単な方法が、「クイックスタート」です。

このクイックスタートを使えば、旧機種にあるほとんどのデータを新機種へ移動することができ、これまで使っていたアプリや一部の設定なども継続して利用できる、という非常に便利な機能となっています。

まずは、そのクイックスタートのやり方を簡単に説明しておきましょう。

旧機種が手元にあり、新しいiPhoneを入手したら、旧機種をロック解除した状態で新機種を起動します。

新機種には移行用の画面が表示され、旧機種側に「新しいiPhoneを設定」というメッセージが表示されます。

そのまま「続ける」をタップするとカメラが起動するため、新機種の移行用画面を撮影すれば、旧機種に「新しいiPhoneの設定を完了」というメッセージが表示されます。

あとは、新機種でパスコードの入力やFace IDなどの設定を実施し、データの転送をしばらく待ちましょう。

データが転送されると新機種がシャットダウンし、再起動します。その後、旧機種で使っていたアプリのインストールが自動的に始まれば、データ移行は完了となります。

iPhoneの基本的なバックアップはiCloudで

もう一つの方法が、iPhoneのバックアップ機能である、iCloudを使った新機種へのデータ移行です。

iPhoneを買い替えてデータ移行したい場合には、iCloudバックアップを新しいiPhoneに移行することで、以前使用していたiPhone環境を機種変更の後にもそのまま使うことができます。

iCloudバックアップは初期設定でオンになっていますが、念のためデータ移行の前に確認しておきましょう。

iCloudバックアップは「設定」アプリを起動して、一番上の項目「〇〇(あなたの名前)Apple ID、iCloud、メディアと購入」をタップし、「iCloud」をタップします。ここでiCloudの状況を確認できるはずです。

チェックしておきたいのは、一番上のグラフで現在のiCloudの容量に余裕があることと、その下の「iCloudを使用しているAPP」の下部にある「iCloudバックアップ」が「オン」になっていることです。

ただし、このiCloudバックアップは、カメラロールの写真もすべてバックアップするため、写真が多い場合には容量が足りなくなる可能性があります。グラフを見て、写真のバックアップサイズが多すぎる場合は、他の写真保存サービスを利用して、iCloudの写真のバックアップをオフにしてみましょう。

写真以外のデータでiCloudバックアップが満タンになってしまうことは、まずないはずです。

もし、写真もすべてiCloudで移行したいのであれば、有料のiCloudストレージを追加購入してバックアップするという方法もあります。

このバックアップが完了したら、新しいiPhoneでバックアップしたiCloudアカウントを使用して、初期設定を行ってください。

iCloudを使ってデータの引っ越しをすれば、ミュージックに保存した音楽データ以外のほとんどのデータがすぐに復元できるため、非常に便利な方法だといえるでしょう。

Macを持っているならバックアップも可能

Macを持っているのなら、パソコンと接続してiPhoneの移行をすることも可能です。

現在のMacは、iPhoneを接続するとFinder上にiPhoneの項目が表示されるため、ここからバックアップが作成できます。

バックアップを取るためには、iPhoneのアイコンをクリックして表示される画面で「一般」をクリックし、「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」を選択してください。

その後、必要であればデータの復元時にパスワードが必要な「ローカルのバックアップを暗号化」をオンにして、「今すぐバックアップ」をクリックすれば、バックアップが開始されます。

新しいiPhoneにデータを移行する際には、同じようにMacにiPhoneを接続し、「新しいiPhoneへようこそ」の画面で「このバックアップから復元」にチェックを入れ、「続ける」ボタンをクリックしましょう。これで、バックアップしたデータを新しいiPhoneで復元することができ、データの移行が可能となります。

クイックスタートとiCloud、Macのどれでバックアップすべきか

クイックスタートは、データを移行する方法として最もお手軽なので、旧機種と新機種の両方が手元にある場合であればおすすめです。しかし、下取りなどで旧機種をすでに手放してしまった場合には、このクイックスタートは使えません。

さらに、クイックスタートはiCloudを使いませんので、バックアップからLINEのトークの履歴などを引き継げない、という問題もあります。

iCloudのバックアップから新機種を設定する場合、ネックになるのはiCloudの容量です。この問題さえなければ、各アプリのデータの多くをiCloudにバックアップすることができるため、より確実に旧機種の環境をそのまま新機種で使えるようになります。

Macを使う方法は、当然ですがMacを持っていなければ使えません。

さらに、たとえMacを持っていたとしても、iPhoneとMacを接続するためには、Lightning端子とUSB-C端子のケーブルが必要となりますので、別途購入しなければなりません。

Macの場合、ストレージさえ空いていればiCloudの容量を気にせず新機種へデータ移行ができる、という部分がメリットになります。

-iPhone豆知識

Copyright© とある主婦の気ままブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.