毎日の生活をより快適にするための、知っておくと便利なスマホやガジェット関連の豆知識について、綴っています。

とある主婦の気ままブログ

iPhone豆知識

iPhoneの不具合「ゴーストタッチ」とは?原因と対処法を解説

更新日:

「iPhoneに触っていないのに勝手にアプリが開いている」「いつの間にか友達に電話をかけていた」と、このような不具合にお悩みの方は、もしかすると「ゴーストタッチ」が原因かもしれません。

ゴーストタッチとはiPhoneの不具合のひとつで、簡単に対処できるときもあれば、修理が必要なケースもあります。

では、このゴーストタッチは何が原因で起こる不具合で、症状が出たときはどう対処していけばよいのでしょうか?

iPhoneの不具合「ゴーストタッチ」とは?こんな症状があったら注意

iPhoneの不具合のひとつである「ゴーストタッチ」とは、iPhoneの画面に触れていないのに、勝手に動いてしまうというトラブルです。

デニムのポケットに画面ロックをオンにしないままiPhoneを入れていると勝手に動いてしまうこともありますが、画面ロックをすれば解決される問題なのでゴーストタッチではありません。

ゴーストタッチによる不具合で起こる症状には、

  • 机の上にiPhoneを置いたままにしているのに勝手に作動している
  • 枕元から離れた場所に置いてiPhoneを充電しているのに動いていた

などのように、手や物が画面に触れていないのにiPhoneが動くという特徴があります。

これらの特徴に当てはまるときは、ゴーストタッチの不具合が起きている可能性があるので適切な処理が必要です。

iPhoneでゴーストタッチが起こる原因とは

iPhoneがゴーストタッチの不具合を起こしたときの対処法は、ゴーストタッチの原因がどこにあるかで変わってきますので、まずは原因を知っておきましょう。

画面の静電気が原因

iPhoneは指で押して作動させるというイメージがあるかもしれませんが、実は押す力ではなく「静電気」によって作動しています。

iPhoneの画面には微量の電気が流れており、そこに指や物などが触れて電気の量が増えることで反応し、文字が打てたりアプリを起動させたりできるのです。

静電気は指以外でも発生するため、指以外の何かがiPhone画面に反応し、ゴーストタッチを起こしている可能性があります。

iPhoneのiOSに不具合が起きていることが原因

画面で起きた静電気によってiPhoneが作動するのは、iOSが電気を命令に変換しているからです。つまり、iOSが正常に命令を出せていないと、ゴーストタッチが起こる可能性があるということ。

iOSに不具合が起きる原因には、

  • iOSがウイルスに汚染されている
  • アップデートに失敗している
  • アプリとの相性が悪い
  • 古いバージョンを使い続けている

などがあります。

iPhone本体の故障が原因

iPhoneの本体が故障していると、静電気が起きていないのに「起きた」と間違った反応をしてしまい、ゴーストタッチによる不具合を起こしてしまいます。

iPhoneを激しく落下させたり、長時間水に濡らしてしまったりしたあとに勝手に作動するようになったのなら、本体の故障が原因かもしれません。

iPhoneでゴーストタッチの不具合が起こったときの対処法

iPhoneがゴーストタッチを起こしたままだと、上司へ勝手に電話をかけてしまったり、友達にメッセージを何度も誤送信したりと、自分だけでなく周りの人にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

ゴーストタッチの対処法を原因別に説明しますので、参考にして不具合を解消してください。

画面の静電気が不具合なら強制終了

画面の静電気量がゴーストタッチの原因なら、本体を強制終了すれば解消される場合があります。強制終了の方法は以下の通りです。

  • iPhone 6 Plus以前

ホームボタンと電源ボタンを長押しする。

  • iPhone 7、7 Plus

音量を下げるボタンと電源ボタンを長押しする。

  • iPhone 8以降

音量を上げるボタンを押したあと、音量を下げるボタンを押し、最後に電源ボタンを押す。

強制終了しても解消されない場合は、静電気を起こす可能性のある画面の保護フィルムやケースを外してみてください。それで直れば、静電気を起こしにくいフィルムとケースに変えることでゴーストタッチは起こらなくなるはずです。

内部に問題があるときは再起動・iOSを最新に

iPhone内部に問題があると考えられるときは、まずiPhoneを再起動してみてください。それでも直らなければiOSが最新の状態か確認し、古いバージョンなら最新にアップデートしましょう。

この方法でも直らない場合は初期化という方法もありますが、手順を守らないとデータがすべて消えてしまうため安易におすすめはできません。

本体の故障が原因のときは修理

本体の故障が原因の場合は、自分で修理するのは難しいですから、プロにお任せして修理してもらいましょう。自分で分解するとデータが消えてしまうだけでなく、二度と使えない状態になる可能性もあるのでやめておいたほうがよいです。

iPhoneの修理をするなら?

対処法を自分で試してみてもゴーストタッチが直らない、あるいは本体の故障が原因のときは、Apple Storeや専門のiPhone修理店で一度見てもらってください。

大阪周辺にお住まいの人なら、心斎橋にApple Storeがあります。ただ、Apple Storeは予約が取りにくいときもあります。

もし予約が取れなかったり急いでいたりする場合は、心斎橋でiPhoneの画面修理をしている他の専門業者を探してみることで、急に修理が必要になったときでも困らないでしょう。非正規のiPhone修理店は修理費用がApple Storeより安いだけでなく、年中無休で修理時間も短いため、買い物の途中など短時間で見てもらえます。

ゴーストタッチの症状が出たままでは不便ですから、ぜひiPhone修理店にて状態を確認してもらい、必要に応じて修理してもらいましょう。

-iPhone豆知識

Copyright© とある主婦の気ままブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.