毎日の生活をより快適にするための、知っておくと便利なスマホやガジェット関連の豆知識について、綴っています。

とある主婦の気ままブログ

iPhone11

あえて今iPhone 11を選ぶ理由!XRや12とは何が違うのか?

更新日:

現在iPhoneを購入したいという場合、おもにiPhoneの3つのシリーズが選択できます。それは、2世代前の「iPhone XR」。そして1世代前の「iPhone 11」。さらに現行モデルの「iPhone 12」です。

では、この3つのモデルの中からどれがひとつを選んで買いたい場合、どのモデルを選べばよいのでしょうか。今回はそれぞれの特徴を説明することで、ベストチョイスができるようお手伝いします。

前モデルiPhone XRからどこが進化したのか

ではまずiPhone 11と前モデルであるiPhone XRの違いを見てみましょう。iPhone Xシリーズで現在まだ新品で購入可能なモデルがiPhone XRとなります。iPhone XRは画面サイズが6.1インチでノーマルなiPhone Xより大きくなっているというのが特徴です。

サイズはほぼ同等

iPhone XRはXのディスプレイが大きいバリエーションとなっていますので、ノーマルなiPhone 11よりもサイズが大きいと思われがちですが、実はともに6.1インチディスプレイを搭載するため、サイズ的にはほぼ同じ。ですから、画面サイズを選択ポイントとして考えているのであれば、どちらも大きく変わらないという結論になります。

カメラがデュアルレンズに進化

iPhone 11と XRでの見た目的な大きな違いが、このカメラ機能です。広角のシングルレンズを採用している XRに対して11ではデュアルレンズが採用され、広角に加え超広角での撮影が可能となっています。超広角ということは、より広い画角で撮影できるため、11なら風景や集合写真などの撮影時に思い通りの写真が撮れるようになるのです。

チップやバッテリー性能も向上

スマホの頭脳ともいえるチップもまた、11でグレードアップしています。ウェブをチェックしたりLINEを使ったりするぶんにはチップによる性能には大きな差はありません。

しかし、画像や動画を編集したりゲームしたりする際には、チップ性能が高ければより快適に作業できるようになるのです。

そのほかにもバッテリーもちの時間が若干増えていたり、防水機能が向上していたりするなどの違いもあります。

新モデルiPhone 12とはどこが違うのか

続いて最新モデルであるiPhone 12との違いを見ていきましょう。今回はiPhone 11のスタンダードモデルとの比較となりますので、これもまたスタンダードモデルのiPhone 12の比較となります。

サイズはほぼ同等だがディスプレイ性能が向上

iPhone 11と12はともに6.1インチのディスプレイですから、サイズ自体は同等となっています。しかし、新型であるiPhone 12のディスプレイはiPhone 11 Pro以上のみが採用していたSuper Retina XDRという名称の「有機EL」ディスプレイのため、色の再現度が圧倒的に向上しているのです。

もっとも大きなポイントは「5G」対応

最新モデルであるiPhone 12との比較で、もっとも注目したいのがこの「5G」対応。5Gとはモバイル通信の規格で従来の4Gよりも高速でインターネット接続できる規格です。

iPhone 12ではこの5Gに対応していますが、11では対応していません。つまり今後5Gエリアが広がり、使い勝手が良くなってもiPhone 11では使えないということになります。

2021年前半の時点ではまだまだ5Gエリアは首都圏などの都市部に限定されていますので、エリア外では使えないため5G対応を重視するかは微妙なところですが、気になるのであればキャリアの5Gエリアマップをチェックしてみるとよいでしょう。

カメラ性能はスペック上同じながら一段と進化

iPhoneを使っている人が重視しているのがカメラ性能ではないでしょうか。iPhone 11と12ではともにデュアルレンズを採用しており大きな違いがありませんので、基本的には同じような性能といえます。

しかし、細かなところでは12になってレンズがより明るいものへと変更されているため、これによって夜景や暗所、逆光などの撮影時に、11だと暗くなってしまう部分をより明るく撮影できるのです。

ポートレートモードで撮影した際にストローなどの細かな部分がボケてしまうという問題も、12では改善されています。さらにHDR動画というコントラストが強い高画質動画を撮影できるというのもiPhone 12のメリットです。

カメラ性能にこだわるのであれば、最新モデルのiPhone 12を選択するというのが正解でしょう。

ワイヤレス充電に対応

もうひとつ、iPhone 11では使えずにiPhone 12では利用可能な機能があります。それはApple純正のワイヤレス充電器である「MagSafe」に対応しているということです。

ただしワイヤレス充電自体にはiPhone 11でも対応していますので、MagSafeの磁石を使ってピッタリと接続できるのがiPhone 12ということになります。

まとめ

優れた性能のiPhoneは常に最新のiPhoneであると考えれば、iPhone 11よりも最新モデルの12がベストチョイスとなるのですが、その価格差を考えると使わない機能のために高い端末代金を払うのはムダになります。

カメラ性能に期待せず、そこそこ撮れれば問題ないというのであればiPhone XRなら60,280円という値段で購入できます。逆に5Gに対応しつつ次世代の有機ELディスプレイで鮮やかに動画を見たいというのであればiPhone 12。

そして、そのちょうど中間的な性能で十分、というのであれば64GBで71,280円というiPhone 11はコスパの高い機種ではないでしょうか。

-iPhone11

Copyright© とある主婦の気ままブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.